育毛の悩みはそれぞれ大変

今回頭髪・毛髪・育毛・ケアに関するコメントを少し書いてみます。

まず個人情報ですが、私は59歳男性です。

結婚して子供がいます。サラリーマンが長く組織のなかでのストレスも知っています。

これから、老後へ向けて、経済面、健康面をどうやってハンドリングしていこうかと悩む、ある面典型的なおじさんといえます。

冒頭から恐縮ですが、私は頭髪に対する悩みは個人的にはあまりありません。

私が戦々恐々としているのは、血圧のことです。過去に脳出血を起こした前科があります。

タイトルに書いたように、個々人それぞれ悩みがあります。人間を長くやっていると、その悩みより多様化してしていきます。

他人からみると「なんでそこまで悩むの?」となりますが、本人に取っては一大事、良く解ります。

主題の毛髪に戻ります。

私にも、過去から現在まで、男性の友人はいて、毛髪の悩みは、よく聞きます。

具体的に2つの事例をを上げましょう。

一人目。

実際大学時代の友人に、たまたま薄毛(まだ20代ですから、そんなに目立つという感じで張りません)の方がいて、

本人は、毛髪について、割と達観していて、「血統だから駄目だよ」と半ばあきらめ顔でした。

その方は結婚は30代半ばだったかと思います。確かに少々「後退気味」ではありましたが、まだ大丈夫。

彼女を口説き、結婚に至るまでの苦悩や対処法を私が知る由はありません。

彼と私は、仕事も違うし、仕事のの場所も違うし、お互いが面と向かった会うのは、相当インターバルを置くことになります。

結果として、殻の頭髪について、40代後半、50代前半、50代後半となるわけですが、

つぶさに観察するわけでは、ありませんが、各年代とも、「平均的」より薄毛になっていたと思います。

岡目八目になりますが、彼の状況をみて感じたことを書きます。

冷たい言い方ですが、血統ないし、遺伝的なものには、まず勝てないと思います。

一方、個人の努力により、対応できる点として、ストレスと栄養を上げましょう。

毛髪に限らず、ストレスコントロールは、どんな場面でも重要です。

仕事ををやろうとすると、どういう局面においても、ストレスの発生は、いたしかたないです。避けられません。

コントロールが必要うというだけで、「どうしてコントロールするの?」という方法論は、ここでは展開しません。

次に栄養の話です。

育毛によい食品は大豆食品でしょう。

頭髪はケラチンと呼ばれるタンパク質で生成されており、タンパク質の量が十分でないと生成自体が行われなくなるのでタンパク質の摂取が必須なのですが、

タンパク質は良質な物を得た方が効果的であるが故に、良質なタンパク質を潤沢に有している大豆食品を積極的に口にする事が大切です。

これは受け売りです。

20世紀前半の企業戦士(表現が減が古いですね)が、世界を飛び回った時代とは違います。

よいも悪いも経済がグローバル化するなあkで、地球上のどこで仕事をしても、リーズナブルな価格でないかもしれませんが、

大豆食品は取れると思います。頑張ってください。

二人目は、私の最初の仕事上の先輩、当時30歳前後だったかと思います。

一人目の私の友人より、薄毛は進んでいました、当時独身でした。

社内で、部下である私たちと、打合せするとき、育毛剤を塗った頭を、たたいてよく刺激していました。

無論社内の、ざっくばらんな打ち合わせの時であり、接客とはちがいますよ。

そう、大豆たんぱく質の次は「刺激」の話。

これも一般論になりますが、毛髪の悩みも生理現象ですから、栄養と並び、外部からのの物理的刺激は大切かと思います。

その後、この府たち眼の方とはあまり接触がなく、後日談は良く解りません。悪しからず。

以上、つたない、知人の体験からのコメントでした。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です